住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

性能比較

フロアコーティングをやろうと考えた時、部屋によって住む人の使い方が異なってきますので、それなりのコーティング剤を選択されるのが一番良いかと思います。コーティング剤によって耐久の年数も違いますし、また金額も変わってくるようです。できる限りコストを安くして最高のコンディションに仕上げたいのは誰しもが考えることです。そこで自宅の各部屋や部所の用途はよく理解していると思いますので、あとはコーティング剤の特性を把握することが大事かと思います。

 

コーティング剤には大きく分けて4種類ほどの分類があるようです。まずウレタン系の樹脂をベースにしたコーティング剤ですが、触り心地に柔らかみを感じることができ、フロアコーティング剤の中では比較的安いものになります。主に居間や個室に向いているのではないでしょうか。次にシリコン系のコーティング剤ですが、こちらもウレタン系のコーティング剤同様柔らかみがあります。ですからウレタンと似た使い道があるかと思います。ウレタンとの大きな違いは吸着力のようです。シリコンの方が吸着力が弱いそうです。しかし壁などに利用するのでなければ落下したりする恐れがありませんので、フロアコーティングではウレタン・シリコンどちらも同じような扱いでよいのではないでしょうか。

 

ウレタン・シリコンと大きく違うのがガラス繊維系とセラミック系のものです。見た目の光沢などはウレタン・シリコンなどに劣るようですが、なによりも水や油に強くまた耐久力がずば抜けているようです。メーカーは軒並み30年ほどの保証をつけています。したがってお値段もウレタン・シリコンの1.5倍ほどかかるようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市