住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

場所によるコーティング剤

フロアコーティングを考える時、一律どこでも同じコーティングの方法でいいのか?というとそうでもないようです。家にはそれぞれ目的が違う部屋がありますので、そうした使用目的に適したコーティングをしてあげた方がよりよい効果を発揮します。

 

例えば玄関などはお客様を迎え入れる場所ですので、第一印象を良くしてもらいたいですよね。こうした場合より輝いて見えるようなコーティング剤を利用した方がいいかと思います。階段などは滑ると危険ですので、よりよいグリップ性能を発揮してくれるコーティング剤を選んだほうがいいでしょうし、リビングではのんびりとくつろげる柔らかい感触があるコーティング剤を使えるといいでしょう。お風呂場に至っては滑ると危ないだけでなく、風呂あがりや洗濯の時にどうしても水分をフロアに落とす可能性がありますので、水にとても強いコーティング剤がよいかと思います。キッチンに至っては水分の問題もありますし、油が飛び散る可能性も高いので、主に拭き掃除が大変な油分の除去に適したコーティング剤を使用した方がいいと思います。

 

このように普段考えもしないかもしれませんが、ビルや店舗などよりもたった一軒の家の方がさまざまな使われ方をする部屋が多いのです。家族で生活をしているわけですから、落ち着いて考えてみると当たり前のことなのです。フロアコーティング剤はいろいろな特性をもったものに分類できるので、お部屋の用途によって最適のコーティングを施すことがよいかと思われます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市